技術書同人誌博覧会

頒布物一覧

A-12
土田ゲーム技研
初級XAudio2

新刊

同人誌・272ページ・80部頒布・紙/電子・1,500円
favoriteチェックする

【初心者向けの、XAPOサウンドエフェクト信号処理入門書!】

 ★☆新刊です☆★
 WindowsやXboxシリーズの標準サウンドAPIであるXAudio2の解説本、その2冊目です。

「入門XAudio2」https://tsuchidasama.booth.pm/items/1247140
読了を前提とし、入門編では紹介しきれなかったXAPOFXと自作XAPOという、サウンドエフェクト信号処理にフォーカスした本です。

 音声信号処理と言っても難しくはありません。わけのわからない理論とか数式とかが大嫌いな著者が作ったゆる~い本ですから、なるだけ簡易な表現に努めています。

 ですが、ただゆるいだけではありません。やさしい表現の中でも核心は押さえ、実際の開発現場のノウハウなども毒舌と一緒にいたる所に散りばめられています。

 想定読者層はC言語習得済み・Visual Studioでのビルドが自力で出来るプログラマです。C++は初心者でも構いません。中高生~専門生、大学生などの学生あるいはプロでも非サウンドプログラマをメインの対象として執筆されています。

===========================

【目次】

第零章 はじめに(一冊目からの続き)
 本書のターゲット層
 これは一冊目の続きです。
 初級編で扱う範囲
 動作環境
 XAudio2のバージョン
 XAudio2のマニュアル
 使用するサンプル

第四章 XAPOFXを使いこなそう
 この章では
 その1 XAPOFXとは
 その2 エコー
 その3 イコライザー
 その4 マスタリングリミッター
 その5 簡易リバーブ
 この章のまとめ
 【Tips】Win8以降の、ビルドの罠
 【Tips】エコーの良くわからない改悪
 【Topics】ハイレゾは無意味です
 【Topics】イコライザーの特性を解析する為に
 【Topics】音圧戦争はやめようね
 【Topics】現場ではどこまで理詰めで行くの?

第五章 サウンドエフェクトを自作しよう
 この章では
 その1 XAPOシステムの階層を知る
 その2 パラメータ無しのXAPOを作ってみる
 その3 コンストラクタと初期定義の解説
 その4 LockForProcess(事前処理)
 その5 Process(実際の演算処理)
 その6 パラメータ有りのXAPOを作ってみる
 その7 パラメータを受け取る
 その8 演算用にパラメータを取り出す
 その9 送信型のXAPOを作る
 その10 送受信型の器用なXAPOを作ろう
 この章のまとめ
 【Tips】クラスとは、継承(派生)とは、オーバーライドとは
 【Topics】GitHubにソースを上げない理由
 【Tips】重い処理は全部ここで済ませてしまおう
 【Tips】SILENTで特殊処理をするケース
 【Tips】OnSetParametersって何?
 【Tips】渡すデータを間違えたらどうなる?
 【Tips】パラメータの送受信配列[3]の動作

第六章 様々なエフェクト処理を書こう
 この章では
 その1 全区間のピークメーターを作る
 その2 サンプル単位のフェードを作る
 その3 ローパスフィルタを作る
 その4 ハイパスフィルタを作る
 その5 ステレオダウンミックスを作る
 その6 チャンネル数変換型XAPOの挿し方
 この章のまとめ
 【Tips】浮動小数点の符号反転の仕方
 【Tips】浮動小数点の誤差をどう扱うか
 【Tips】BeginProcessでは駄目だった理由
 【Topics】フィルタの実現方法は他にも一杯
 【Topics】バイクワッドフィルタも似たようなもの
 【Tips】その他のチャンネル数の配置

あとがき

立ち読み電子版を購入
D-4
つのぶえ出版
Slack App開発ガイド

新刊

同人誌・80ページ・100部頒布・紙/電子・800円
favoriteチェックする

「Slackを活用したプログラムを書きたい!けど何を使ったらいいか分からない」という人に向けたSlack App開発ガイドです。

Slack Appを取り巻くものは流れが早くすでに非推奨(deprecated)になっているものも多いです。公式ドキュメントを読めば何が推奨されてのかはわかりますが、全貌を捉えるのが難しく入門する立場の人にとっては辛いのが現状でしょう。
この本では複数のSlack Appを作っていきます。その中で、開発手法に触れ慣れていくのが目的です。

アプリの立ち上げに関してはGCP Cloud Functionsを利用します。無料プランで収まる範囲なので課金の必要はありません。

この本は基礎編ですが、実践編も執筆する予定で、実践編ではTypeScriptの導入、テストコードなどを導入しながら中規模なアプリケーションを書いていく予定です。

対象読者

本書では、次のような方を対象読者として執筆しています。

  • プログラミングで効率化が好きな人
  • Slackが好きな人
  • Slack上ですべてを完結させたい人
  • 簡単なプログラミング経験のある人(言語は問わない)

目次

  • 第1章 SlackAppsについて知る
  • 第2章 Incoming Webhooksを利用する
  • 第3章 Web APIを利用する
  • 第4章 Cloud Functionsの導入
  • 第5章 Slash Commandsを利用する
  • 第6章 Interactive Componentsを利用する
  • 第7章 Event Subscriptionsを利用する
B-15
エンジニアの登壇を応援する会
迷惑メールにされないメール設定方法 G Suite編

新刊

同人誌・50ページ・50部頒布・紙/電子・800円
favoriteチェックする
  • 紙版(電子版付属) ¥800
  • 電子版 ¥500

概要

Gmailで表示される「?」マークは迷惑メールとして判定される前段階の状態、このまま放置しておくと迷惑メールとしてメールが届かなくなります。この状態にならないため早めの対策が必要です。
これらの技術はSPFとDKIMによって行われます。SPFはメール送信する場所の正当性、DKIMは送信するメールサーバーの正当性を検証する技術になります。

本書は、メール送信で必要不可欠なSPFやDKIMの話を、わかりやすく解説した本です。この本を読めば、SPFやDKIMの基礎的なことが身につき送信するメールが迷惑メールにされなくなります。

本書で得られること

  • メールの基本的な構造の知識
  • メール送信の正当性についての知識
  • SPFとSender IDについての基礎的な知識
  • DKIMについての基礎的な知識
  • 迷惑メールにならないための設定知識

対象読者

  • 会社のメールアドレスからメールを出しても、クライアントから届かないと言われて困っている人
  • フリーランスで仕事をはじめたけど、独自ドメイン送信したメールがクライアントに届くか心配な人
  • ドメインを取得したけど、メールを使っていない人

コンテンツ

  • はじめに
  • 第1章 メールの基本的構造
  • 第2章 きれいなメールとは?
  • 第3章 SPFの説明
  • 第4章 DKIMの説明
  • 第5章 G Suite での使い方
  • Appendix
  • あとがき
C-9
ssmjp同人部
ささみのほん 3
同人誌・54ページ・紙/電子・1,000円
favoriteチェックする

技術書典6での新刊「ささみのほん 3」です!
書籍ご購入の方には合わせてDLコードカードをプレゼントいたします!
※内容は技術書典6で頒布したものと同一です。DLコードカードは技術書典ではDLシステムが違うため頒布しておりません。

C-10
めもおきば
新刊落としましたペーパー

新刊

同人誌・4ページ・100部頒布・紙/電子
favoriteチェックする

2015年12月に同人活動初めてから、全ての参加イベントで1冊ずつ出してきたのですが、今回ついに新刊を落としました。夏コミか技術書典できちんと出します。
書こうと思っていた内容の先頭部分をフリーペーパーとして配布します。

Loading ...