技術書同人誌博覧会

3F-す01

理工系全般-組織-プロジェクト管理

シン・オブジェクト倶楽部

チェックする
リファクタリングから始めるチーム開発 はじめの一歩
同人誌・80ページ・50部頒布・紙/電子・500円
チェックする

本の紹介

本書の想定読者は、リファクタリング、テスト駆動開発、レガシーコード改善に興味関心がある人向けです。2,3,4章は、名著『リファクタリング』『テスト駆動開発』『レガシーコード改善ガイド』のエッセンスをチュートリアル形式で凝縮してさらに凝縮しました。

本書の想定読者は、アジャイルな開発をはじめたプログラマー向けです。リファクタリングやテスト駆動開発のリズムがペアプロやモブプロの軽快で楽しいリズムを生み出します。また、ペアプロを開発の現場に導入するのが億劫な状況下でも、ステップバイステップでチャレンジする作戦を5章で解説します。

工夫したところ

リファクタリングの活動が具体的にイメージできるようにサンプルコードを用意し、3冊のエッセンスが薄い1冊で体感できるように工夫しました。名著3冊『リファクタリング』『テスト駆動開発』『レガシーコード改善ガイド』を読むきっかけになれば嬉しいです。

また、最後まで飽きずに読みやすいようにと、私の手書きで絵をたくさん挿入しました。同僚にはポーズの演技指導までしていただきました。ありがとうございます。へたっぴな絵はご愛嬌ということで:-p

目次

1章 リファクタリングとチーム開発
2章 リファクタリング はじめの一歩
3章 テスト駆動開発 はじめの一歩
4章 レガシーコード改善 はじめの一歩
5章 そしてチーム開発へ
付録 リファクタリング習慣の健康診断

リファクタリング習慣の健康診断(抜粋)

本書の付録のリファクタリング習慣の健康診断のチェックリストの抜粋です。チームでチェックリストを更新して、診断に利用してください。ロングバージョンは、ぜひお買い上げください:-p

リファクタリングを支える自動テスト

□ リファクタリングを支える自動化されたユニットテストがある
□ リファクタリングを支える自動化されたe2e テストがある
□ モジュール間が疎結合で、ユニットテストしやすい
□ テストコードと製品コードは疎結合で、リファクタリングしやすい
□ リファクタリングを支えるテストがなければ追加している
□ CI を使って頻繁にビルドしている

リファクタリングの頻度

□ 1週間以内で少なくとも1回リファクタリングを行なっている
□ 1日以内で少なくとも1回リファクタリングを行なっている
□ 半日以内で少なくとも1回リファクタリングを行なっている
□ 1時間以内で少なくとも1回リファクタリングを行なっている
□ 30 分以内で少なくとも1回リファクタリングを行なっている
□ 10分以内で少なくとも1回リファクタリングを行なっている

内部の質

□新しい人がジョインした時にコードは読みやすい
.....

https://twop.agile.esm.co.jp/refactor-team-7a2576ae2bba

著者紹介

家永英治

電子版を購入
アジャイルコーチからのアドバイス
同人誌・50ページ・50部頒布・紙/電子・500円
チェックする

本の概要

みなさん、こんな不安や悩みを持ったことはありませんか?

  • 自分のマインドは、アジャイルで役立つ考え方なの?
  • スクラムイベントができたら、いいアジャイルチームなの?
  • アジャイル開発宣言って、具体的にどんなことをしたらいいの?

本書では、レジェンドから今活躍中の方まで、アジャイル支援のプロフェッショナルな方々からのアドバイスを集めました。

基本的なマインドや、具体的なテクニックなど、幅広くアジャイルコーチからの思いが書かれた1冊になります。

豪華執筆メンバー敬称略(掲載予定順)

  • 角 征典:「この分野は素人なのですが」から始めよ
  • 家永 英治 :リファクタリングの練習をしよう
  • 家永 英治 :リファクタリング習慣の健康診断 (ショートバージョン)
  • ⻄村 直人:よく躓くものほどチームで立ち向かおう
  • 天野 勝:チームがチームをチームのために評価する
  • 川鯉 光起 :成⻑意欲を失わせる「結果を求めすぎる」行為
  • 川鯉 光起:自己肯定感を下げる「すべき」「しなければならない」の功罪
  • 川鯉 光起:提案を拒否させてしまう「ソリューション提案」
  • 尾澤 愛実:チームメンバーの本音を集めた後にカイゼンしていこう
  • 関 満徳:プロダクトバックログとの向き合い方
  • 天野 勝:スライスしてスライスして、さらにスライスする
  • 森 雄哉:“余力”を生み出せ!
  • 木下 史彦:アジャイルと契約
  • 木下 史彦:アジャイルと契約、よりも大事なこと
  • 伊藤 宏幸 :アジャイルコーチもコードを書こう
  • 川口 恭伸:アジャイルの現場を見に行こう!
  • 高橋 一貴:アジャイル開発の輪を広げる
  • 平鍋 健児:アジャイル支援者は「自分ごと」の気持ちであたろう
ダメふりかえりを撲滅する3つのヒント Relate Repeat Respect
同人誌・30ページ・50部頒布・紙/電子・500円
チェックする

概要

あなたは「ふりかえり」できてますか?

多分、フレームワークにばかり目がいってしまって、ふりかえりになっていないのではないでしょうか?
ふりかえりをすることで、少しでも行動が変わらないようならば、そのふりかえりは「ダメ」なふりかえりです。

筆者は20年に渡って、ふりかえりの教育とファシリテータをやってきました。
そこで、よいふりかえりには備わっていて、ダメなふりかえりにはかけている3つの原則に気が付きました。

Relate:関連付けて考えること
Repeat:繰り返すこと
Respect:自分自身と仲間を尊重すること

この「R」からはじまる3つの原則が、あなたのふりかえりを劇的に改善します。

目次

  • 第1章 はじめに
    • 1.1 計画どおりには進められない
    • 1.2 ないがしろにされるふりかえり会
    • 1.3 ふりかえり会の効用
    • 1.4 対象読者
  • 第2章 思考フレームワーク「KPTA」
    • 2.1 KPTAとは
    • 2.2 KPTAボード
  • 第3章 ふりかえり(会)の原則
    • 3.1 関連付ける(Relate)
      • ベーシックな関連:Keep→Try
      • ベーシックな関連:Problem→Try
      • ベーシックな関連:Try→Action
      • アドバンストな関連:Keep→Problem
      • アドバンストな関連:Try→Problem
    • 3.2 繰り返す(Repeat)
      • 言語の物質化を促進する付箋紙
      • 状態の更新:Action、Try→Keep
      • 状態の更新:Action、Try→Problem
      • 状態の更新:Action、Try→削除
      • 状態の更新:Problem→削除
      • 状態の更新:Keep→削除
    • 3.3 尊重する(Respect)
      • グラウンドルール
      • Goodを出す
      • 無責任な改善案
      • ラウンドロビン
  • 第4章 ダメふりかえりの特徴と解決のヒント
    • 4.1 わがままTry
    • 4.2 計画先行
    • 4.3 言ったもの負け
  • 第5章 おわりに
ホーム
サークル
頒布物
マイページ